研究者支援

本学では、学内研究者や子育て中の学生を支援するための取組を実施しています。

子育て中の女性研究者支援

2006年度から2008年度までの科学技術振興調整費採択プログラム「女性研究者に適合した雇用環境モデルの構築」による雇用環境・情報環境の整備、次世代の女性研究者育成のための啓発活動の一環として開始した取組を、当該プログラム期間終了後も発展的に継続するものです。2009年度より本学独自の事業として、子育てをしながら優れた研究を行っている本学所属の常勤女性教員(研究者)を対象に、研究補助者を配置する支援を実施しています。

学内研究者の一時支援

本学では、男女共同参画の観点に立ち、研究者本人または配偶者の妊娠中や出産後、親族の介護や病気看護に携わる学内研究者の一時的支援を2010年度から開始しました。

育児支援奨学金

本学の正規学生で、本学が設置する保育所(いずみナーサリー)を利用する者が申請できる本学独自の奨学金であり、保育料の半額を育児支援奨学金として授与しています。

・2012年育児支援奨学金授与式を開催(本学ホームページ)
http://www.ocha.ac.jp/news/h250422.html

・本学独自の奨学金(一覧)
http://www.ocha.ac.jp/campuslife/scholarship/list.html

ページの先頭へ