講演会

お茶の水女子大学は、国立の女子大学として、国際性、学際性、男女共同参画に加え、「女性リーダーの育成」を教育の理念としています。その教育事業の一環として、リーダーシップとは何かを問うべく講演会を開催しています。講演会は一般公開とし、以下3つの区分を設けて、それぞれ年1回程度開催しています。未来を担う学生、組織・企業で働く方々、地域社会・家庭を支える方々など幅広く興味を持っていただける内容になっています。

      • リーダーシップ論(2009年1月~)
        お茶の水女子大学リーダーシップ養成教育研究センターでは、「多様な領域」にてリーダーシップを発揮できる人材育成を目指しており、この一環として、企業経営者や様々な機関の第一線で活躍するリーダーを講師として公開講演会を行い、より実践的なリーダーシップ論の教授を行っています。

2016年度リーダーシップ論 第10回はこちら

過去のリーダーシップ論ポスター
第9回 第8回 第7回 第6回 第5回 第4回 第3回 第1回+第2回

      • グローバルリーダーへの道(2010年7月~)
        これからのグローバル社会を担う若い女性たちへのメッセージの発信のための講演会です。国際化と多様化が進む時代状況の中で真の意味での「リーダーシップ」とは何かを問い、日本の知的基盤を世界に発信する契機となることを意図しています。
      • 若手リーダーに学ぶ(2009年6月~)
        この不景気の時代、まもなく社会に出る学生の皆さんは将来への不安も大きいのではないでしょうか。「将来、私はどんな大人になるの?」「どうしたらカッコイイ女性になれるの?」そんな不安や疑問に少しでもお答えしようと、皆さんにより年齢が近い若手リーダーの方をお招きする講演会です。
      • 卒業生ロールモデル講演会(2007年5月~)
        毎年、主に新入生を対象として開講されている授業「お茶の水女子大学論」では、お茶の水女子大学とはどういう大学であるのか、また卒業生がどのように社会で活躍しているのかを受講生に知ってもらう一環として、複数回にわたって本学卒業生のロールモデル講演会を開催しています。(この講演会は受講生ほか学内の教職員対象です。)
        講師リスト
ページの先頭へ