シンポジウム

お茶の水女子大学内リーダーシップ養成教育研究センターは、本学における女性リーダーの育成の拠点であると同時に、男女共同参画本部の実施組織となっています。
およそ140年にわたる伝統を現代に生かし、グローバルな視野をもって多方面に活躍する女性リーダーの育成のために、本センターでは下記のシンポジウムを行っています。

  • A-WiLシンポジウム(2012年2月~)
    お茶の水女子大学では、女性リーダーの育成事業の一環として、多くの方々のご協力をいただき、現代の大学教育に女子大から一石を投じることを目指してA-WiL(※)シンポジウムを開催しています。
    2011年4月、本学は教育研究機関として日本初の「男女共同参画推進本部」を設置しました。このシンポジウムは、本学が男女共同参画社会実現に向けて本格的に取り組む決意を広く社会へ表明することを目的としています。
    これまでに開催したシンポジウムは、海外の三女子大学より学術の世界でトップに立つ女性学長をお招きし、個人史を通して社会へのメッセージ・未来のビジョンを語っていただいた回や(2012年2月)、グローバル社会を牽引されてきた各界のリーダーをお招きし、これからのグローバル社会を担う若い女性へのメッセージをいただいてきました(2013年1月)。

    ※A-WiLとは、お茶の水女子大学の事業「女性リーダーを創出する国際拠点の形成」(文部科学省特別経費 平成22年度〜平成27年度)の略称で、その英語名「International Research Program for the Advancement of Women in Leadership」に基づいています。

    2014年度:2014年10月A-WiL国際シンポジウム
                         開催案内報告ちらし・報告書(作成中)
    2013年度:2014年  1月A-WiLシンポジウム・開催案内報告ちらし報告書
    2012年度:2013年  1月A-WiLシンポジウム ・開催案内  ・報告  ・報告書
    2011年度:2012年  2月A-WiL国際シンポジウム ・開催案内  ・報告書

 

  • 日韓3女子大学交流合同シンポジウム(2010年12月~)
    「国際的に活躍する女性リーダーの育成」推進事業の一環として、韓国梨花女子大、日本女子大及びお茶の水女子大の合同で、理系学生の研究発表会を開催しています。開催地は梨花女子大学校(韓国)で、本学からは毎年学部生から院生まで研究発表(使用言語:英語)に参加しています。
ページの先頭へ