卒業生座談会調査

2012年9月22日および30日に『お茶の水女子大学の教育に関する卒業生座談会調査』を実施しました。本調査の目的は以下のとおりです。

  • (1)本学で提供されてきた教育が、とくに民間分野での女性リーダーをいかに育成してきたかを検証する
  • (2)現在提供されている女性リーダー養成教育のありかたを評価することによって、国立女子大学としての今後の教育の方向性、社会的使命の指針を得る

企業、官公庁、NPOに勤務する関東圏在住の卒業生38名に協力いただき、少人数の座談会方式で、おもに下記のテーマに沿って、活発な議論が交わされました。本調査で得た提言を踏まえ、本学の女性リーダー養成教育を、より時代のニーズに即したものに変革していきます。概要報告

具体的な議題:「就業とキャリア形成」「ロールモデル」「本学で学んだ経験」「女性リーダー養成教育のあり方」「グローバル教育のあり方」「学びなおしの場としての本学のあり方」

ページの先頭へ