アオスジアゲハ

レア度
季節
4月
解説
翅は黒色で、青い帯模様がある。
この模様は羽化直後は淡黄緑色だが、日光を浴びることで水色になる。
4月中旬~下旬から成虫が見られる。
日本では本州から南西諸島まで広く分布している。
幼虫はクスノキ科の葉をエサにし、蛹の姿で越冬する。

見つけた情報

あなたが実際に見つけた生き物の情報(画像や見つけた場所など)をお待ちしております。
なお、記事に関係のない情報や間違った情報などは、コメントを投稿されても掲載されない場合がございます。予めご了承ください。

投稿する際はコメント投稿時の注意および禁止事項を確認した上で投稿してください。

コメント

このページに掲載されている生き物について知っていることや耳寄りな情報をお待ちしております。
なお、記事に関係のない情報や間違った情報などは、コメントを投稿されても掲載されない場合がございます。予めご了承ください。

投稿する際はコメント投稿時の注意および禁止事項を確認した上で投稿してください。

PAGETOP