高等学校や中学校の授業でアルゴリズムを学ぶための教育プログラムを開発しました。

2020年度から全面実施される小学校学習指導要領では、プログラミング教育が必修化されます。このプログラミング教育というのは、プログラミング言語を用いたコーディングではなく、コンピュータに意図した処理を指示するという体験や、プログラミング的思考を学ぶことであり、実際に小学校からプログラミングを行うわけではありません。

しかしながら、コンピュータの普及により、大学では情報系学部学科に限らず研究のため、データ解析やプログラミングを自ら行い、構築展開する機会が増えると推測されます。したがって、小学校から大学の間で、小学校のプログラミング教育をうまく大学の学問に繋げる橋渡しとなる教育が必要です。そうしなければ、小学校で体験したことは一時的・部分的な体験となってしまいます。

よって本開発教材は、高等学校や中学校の授業で利用できるようにするため、「指導案」と「jQueryとJavaScriptによるブラウザ上で動作可能なアプリ」をセットで開発しました。指導案に、ブラウザ上で動作可能なアプリによる学習指導として組み込むことで、生徒が実際に動物を並べ替える試行をしながらアルゴリズムについて学ぶことが可能です。実際に生徒が操作することで、楽しみながら論理的思考力を向上させることができます。
紹介ビデオをご覧ください。

関連リンク