本教材は,一次関数の利用として,列車の運行に重要な役割を担っているダイヤグラムとその周辺事項を具体的な教材を用いて学習するために開発した.プラレールにおける模型車両の動きをモデル化し,数学を用いることで問題解決を導くことを提案する.プラレールの車両の走行は等速運動であり,型式による速度の違いや、組み合わせによる線路長の変化などの様々な要素を盛り込みながら取り組むことで,数学的モデル化の体験と数学的活動の事例として,手立ての有効性があると考えている.これまではダイヤグラムの読み取りの学習が主であるが,本教材では実習キットを用いて実験・計測を行い,ダイヤグラムを作成する点が特徴である.さらに,本プログラムでは総合的な学習と連携し,日本における鉄道が果たしてきた役割や,これからの鉄道について考えるきっかけを作り,グループで探究し(探究的活動)まとめたものをプレゼンテーション(発表活動)する.

 数学における主体的・対話的で深い学びを実現し,総合的な学習との連携もできる学習を深める教材です.
 ご希望の学校には実習キットを無償で貸し出しいたします.
 貸し出しに際しまして、実施の事前・事後のアンケートのご協力をお願いしております。ご承知おきください。
 アンケートの内容に付きましてはお問い合わせください。
(貸出期間は2020年3月末までとさせていただきます)
紹介ビデオをご覧ください。

 

テキストはこちらからダウンロードできます。

 

指導者用参考ページ

http://www-w.cf.ocha.ac.jp/cos/info/jhmathplalessonstudy/