「みどりの学術賞(The MIDORI Academic Prize)」は、国内において植物、森林、緑地、造園、自然保護等に係る研究、
技術の開発その他「みどり」に関する学術上の顕著な功績のあった個人に内閣総理大臣が授与するものです。2017年4月28日のみどりの式典において丸田頼一博士と沈建仁博士に、平成29年(第11回)みどりの学術賞が授与されました。丸田頼一博士は「都市緑地計画学の理論構築とヒートアイランド現象の緩和に関する政策反映」、沈建仁博士は「光合成の酸素発生機構の原子レベルでの解明」の業績が認められました。みどりの学術賞について詳しく知りたい方は、以下のページをご覧ください。

http://www.cao.go.jp/midorisho/