ホーム 研究内容 栄養科学部門

栄養科学部門


研 究

・生活習慣病予防に資する食品成分の作用機序、閉経後肥満モデルにおける食生活改善のための基礎研究(藤原)
・代謝異常に着目した生活習慣病発症機序の解明と栄養療法の創出(飯田)
・健康的な食環境整備に関する研究(赤松)
・大規模災害時における避難所等での適切な食事の提供に関する研究(須藤)
・脂溶性ビタミン及びホルモンの医薬応用に関する研究 (棚谷)
・多価不飽和脂肪酸欠乏が病態に及ぼす影響(市)
・非アルコール性脂肪肝炎の進展・改善と肝微小環境の関連(石川)
・栄養因子によるアルコール性肝臓病の改善について(楊)
・タンパク質・アミノ酸の栄養状態に応答した代謝変動に関する研究(豊島)
・カロテノイドの疫学、メンタルヘルスと栄養、産業保健(中村)

教 育

テーマ:生涯にわたって高いQOLを維持することを目的とした教育環境の創生