研究成果・論文一覧

植村知博准教授らの共同研究グループは、SNAREタンパク質SYP61による細胞内物質輸送の制御が,植物の栄養バランス異常に対する適応機構において重要な役割を担うことを発見しました。この研究成果は,2022年1月28日(金)『The Plant Cell誌』にオンライン掲載されました。

栄養バランスに応じた植物の生育制御に必要な細胞内の交通整理タンパク質を発見~不安 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ, 研究成果・論文

「新規β型リゾホスファチジン酸構造異性体の発見とβ型リゾホスファチジン酸誘導体を用いた生理活性解析」こちらの研究が英国の総合科学雑誌『Scientific Reports』のオンライン版(8月30日付)に掲載されました。

新規β型リゾホスファチジン酸構造異性体の発見とβ型リゾホスファチジン酸誘導体を用 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ, 研究成果・論文

毛内拡助教らの国際研究グループが脳障害からの回復を促進するメカニズムを解明しました。

脳障害からの回復を促進するメカニズムを解明 -脳組織液中のカリウムイオン濃度の正 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ, 研究成果・論文

植村知博准教授らの共同研究グループは、植物細胞内で、異なる目的地へのタンパク質輸送を担う2種類の区画が単一の「トランスゴルジ網 (TGN)」に独立して存在することを発見しました。この研究は科学雑誌『Nature Communications』オンライン版(3月26日付)に掲載されます。

トランスゴルジ網における積荷選別様式を可視化                   … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ, 研究成果・論文

順次掲載していきます。

順次掲載していきます。

カテゴリー: 研究成果・論文