TOP学内イベント > 学内イベント詳細

学内イベント・セミナー情報

インターンシップ成果報告会〜女性博士人材の活用にむけて〜

 本学は、平成23年度より文部科学省ポストドクター・キャリア開発事業に採択され女性博士人材のキャリア開発に積極的に取り組んでまいりました。
 長期インターンシップの受け入れ機関をはじめ、皆様の多大なる尽力に支えられ、目標を上回る規模の事業成果を上げることができました。
 補助金事業としての取り組みは今年度末で終了し、来年度からは自主事業として定着させるべく取り組みを進めております。そこで、5年間の取り組みを総括し、女性博士人材の一層の活用・活躍を推進すべく本成果報告会を開催いたします。報告会終了後は、企業・機関の方やOG,キャリア・イノベーターの皆さんとの情報交換会も開催しますので、ぜひご参加ください。

日  時 2016年2月22日(月) 15:00〜17:30
場  所 共通講義棟2号館 101室
対  象 ポストドクター、院生、学部生(学内外問わず)、本学教職員、学外関係者
開催内容
15:00〜15:05 開会挨拶  学長 室伏 きみ子
15:05〜15:10 来賓挨拶
    文部科学省科学技術・学術政策局 人材政策課長 柿田 恭良氏
15:10〜15:25 事業成果報告 理事・副学長 小川 温子
15:25〜16:10 基調講演I  東日本旅客鉄道株式会社 執行役員人事部長 喜㔟 陽一氏
基調講演II ヤフー株式会社 Yahoo! JAPAN研究所 所長 田島 玲氏
16:10〜16:35 OG講演  坂本 有芳氏
      (鳴門教育大学 准教授 インターンシップ第1期生・社会学博士)
16:35〜17:30 インターンシップ報告
◆章 蓉さん    派遣先 朝日新聞東京本社
 奥山 晶二郎氏 朝日新聞東京本社 デジタル編集部 withnews編集部
◆孫 逸舒さん   派遣先 認定NPO法人 多文化共生センター東京
 柴山 智帆氏   認定NPO法人 多文化共生センター東京 事務局長
◆橋 真奈美さん 派遣先 Rooms For(Hong Kong) Limited
 田代 祥隆氏   Rooms For (Hong Kong) Limited 董事総経理
質疑応答
情報交換会 17:30〜18:30
参加申込方法 件名を「成果報告会参加希望」とし、,名前、△棺蠡亜 ご連絡先を明記のうえ、docca-r@cc.ocha.ac.jp宛てにメールでお申込み下さい。 当日参加も可能ですが、事前申し込みにご協力をお願いいたします。 ※いただいた個人情報は、本イベント以外に使用いたしません
お問い合わせ先 お茶大アカデミック・プロダクション人材育成部
ポストドクター・キャリア開発事業担当  docca-info@cc.ocha.ac.jp

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



博士・ポスドク対象 キャリアパスフォーラム

 この度、横浜国立大学と共催で「博士・ポスドク対象 キャリアパスフォーラム」を以下の通り開催いたします。

日  時 2016年1月30日(土) 10:30〜18:15
場  所 品川フロントビル(JR品川駅より徒歩3分)
実施内容 10:30〜11:00 ポストドクターによるポスターセッション
12:15〜17:00 企業説明会
17:15〜18:15 懇親会
参加企業等、詳細は添付ファイルをご確認ください。

【本学院生及びPDのお申し込み方法】
 件名に「キャリアフォーラム申し込み」と記載し、本文にお名前、ご所属、連絡先を明記の上、
docca-r@cc.ocha.ac.jp(お茶大アカデミック・プロダクション)にメールでお申し込みください。
 ※参加企業に参加者のお名前とご所属のリストをお渡しする予定です。あらかじめご了承ください。
 なお、企業等にお名前やご所属をお知らせすることを控えたい場合はその旨お知らせください。
 *他大学の方はアカリクWebサイトより「アカリクWEB」イベントページより直接お申し込みください。

 皆様のお申し込みをお待ちしております。

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



FDセミナー「女性のリーダーシップをどう育てるか!?」

 12月9日に開催された今年度のFDセミナーでは、女性博士人材に欠かせない大学院での「リーダーシップ」に焦点を絞りました。世界の若手女性リーダーが集うスイスのビジネススクールIMDの女性リーダーシップ講座(戦略的リーダーシップ:Strategies for Leadership)を終了した日本人修了者にお集まりいただき、女性のリーダーシップ育成法」について議論をしました。

 参加した教員からは、「IMDの女性リーダーシップ教育の様子がよくわかり、今後の教育運営に対し、大きな示唆となった」「本学女性教員もSLに実際に参加して、情報やネットワーキングを持ち帰り、教育の現場に生かすことが肝要」などの意見が出ました。

日  時 2015年12月9日(水) 17:30〜19:30
場  所 文教1号館第1会議室
対  象 本学教職員・院生(事前の申し込みは不要です)
開催内容 1)講演「世界で注目される経営大学院IMDとは?
     キャリア女性に特化したSL(戦略的リーダーシップ)コースとは?」
      近藤美樹(Value & Vision LLC 執行役員)

2)パネルディスカッション「SLで何を学び、どう生かせるか?
               日本における女性のリーダーシップ教育と大学院教育への示唆」
                小林暢子(A. T. カーニー パートナー)
                近藤美樹(Value & Vision LLC 執行役員)
                花形照美(リクルート ソーシャルエンタープライズ推進室長)
                馬越恵美子(桜美林大学教授、日立物流 取締役)
                矢島厚子(日本精工 キャリア開発室長)
                砂田薫(お茶大アカデミック・プロダクション 特任准教授)
                (敬称略)
主  催 お茶の水女子大学お茶大アカデミック・プロダクション人材育成部
共  催 グローバルリーダーシップ研究所
お問い合わせ先 お茶大アカデミック・プロダクション人材育成部
ポストドクター・キャリア開発事業担当  docca-info@cc.ocha.ac.jp

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



ポスドク・博士課程生のワークインプログレス(企業合同説明会)

 今年度で4回目の開催となりました「ポスドク・博士課程生のワークインプログレス(旧 企業合同説明会&PD/DC発表会)」には、ポスドク・博士課程生総勢30名、企業・機関からは12社が参加し、活発な情報交換が行われました。

 企業・機関からのショートセミナーに続き、ポスドク・博士課程生の自己アピールの場としてポスター発表がおこなわれ、その後、企業・機関が各ブースにわかれて個別交流会を行いました。
 参加者からは、フィードバックを通じ、自分も想像していなかった領域で活躍できる可能性があるという発見や“自分に足りないもの”の気づきがあるなど、未来への可能性が広がり、有意義な体験ができたとの声がありました。
 いろいろな企業・機関の方々との交流ができたことで参加者の満足度も高く、また、企業・機関が博士人材にどんな期待を寄せているか相互理解ができたことは、今後のキャリアパスを確立していくうえでいい体験になったことと思います。
 1月には、横浜国立大学が主催するイベントに本学も共催として参加します。詳細が決まりましたらこちらでもお知らせしますので、ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

日  時 2015年10月21日(水) 13:45〜18:00 (受付開始 13:15予定)
終了後、情報交換会(交流会)を実施します。
場  所 お茶の水女子大学
対  象 ポストドクター、博士課程生
(文系・理系、専門分野、学内外、男女は問いません ※参加費無料)
定  員 35名(先着順)
参加企業 特許庁、日本IBM、東芝、株式会社パソナグループ、サイボウズ、開智日本橋教育グループ、日本たばこ産業、NEC中央研究所、大日本住友製薬、旭化成株式会社、NEDO 新エネルギー・産業技術総合開発機構、産総研(順不同)(10/14更新)
※参加が決定した企業・機関についての最新情報は、随時こちらで更新します。
事前説明会実施日 9月29日(火)10:00〜10:30、16:30〜17:00
10月8日(木)10:00〜10:30、16:30〜17:00
計4回実施(各回とも内容は同一です。)
ご都合の合わない方は個別にご対応いたしますので、その旨応募時にご連絡ください。遠方の方は、メールや電話等で対応いたします。
申込み方法 件名を「ワークインプログレス参加希望」とし、docca-r@cc.ocha.ac.jp宛に
1.お名前 2.ご所属(学年・職名等) 3.ご連絡先 4.専門分野 5.説明会参加日程
を明記のうえ、メールにてお申し込みください。
(お預かりした個人情報は、本イベントの連絡および本学関連のイベントのご案内のみに利用させていただきます。)
主  催 お茶の水女子大学お茶大アカデミック・プロダクション人材育成部
共  催 横浜国立大学 成長戦略研究センター
協  力 学際生命科学東京コンソーシアム
国立大学法人室蘭工業大学
お問い合わせ先 お茶大アカデミック・プロダクション人材育成部
ポストドクター・キャリア開発事業担当  docca-info@cc.ocha.ac.jp

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



アフリカ・中米・アジア女性起業家と”グローバル・リーダーシップ”の在り方を考えるワークショップ

 9月下旬、外務省主催「WAW! Tokyo 2015 Shine Weeks」公式サイドイベントとして、「Emerging Women Entrepreneurs Forum(新興女性起業家フォーラム)」が開催されましたが、本学では9月28日にその一環として、「アフリカ・中米・アジア女性起業家と“グローバル・リーダーシップ”の在り方を考えるワークショップ」を開催しました。開発途上国から6名の女性起業家を招き、エチオピア、コスタリカ、ベトナムからの3起業家からは、さらに深掘りして「事業の現状と課題」を詳説いただきました。その後、砂田薫本学特任准教授のワークショップで大事な“思考の飛躍と自由さ”を狙った「インスピレーション・トーク」に移りました。ここでは、本学で5月に開催した「女性博士人材の社会起業を考えるフォーラム」で得た、「研究と社会課題の親和性」による起業の可能性や実例紹介を行いました。
 また海外の事例として、途上国での未熟児が保育器がないゆえ、年間400万人規模の乳児がなくなっている社会課題に着目し、米国の社会起業で、電気もスペースも必要しない革新的な“The Embrace Infant Warmer(保温乳児おくるみ」)”を編み出したのは博士号取得者(AI研究)と修士号取得者(MBA)という博士人材の貢献があったことに言及しました。
 参加した院生・学生・若手社会人へ伝えたいこととしては、世界的大企業GEのCEOであった“経営のカリスマ”ジャック・ウエルチ氏が、27歳の経営を全く知らない女性ビジネス・コーチと話をする中で、意思決定をしていたことを例に挙げ、コンサルもアドバイスもできないが、起業家に対して最低限よい「問い」を提供したり、バックグラウンドが違うゆえ、人と違う視座を提供する貢献もあるのではと勇気付けをしました。
 その後、「起業家側の不足資源の洗い出し」と「起業家に対するアカデミアの貢献の可能性」と2つのテーマを対話するチームに別れ、6人の起業家達もそれぞれ5つのテーブルに入りました。前者はre:terra社の渡邉さやか代表が、後者は砂田准教授がファシリテーターとなって、ワークショップ形式で“対話”を行いました。各組の発表では、笑いの耐えないまた学びと共感の多い内容となりました。

 発表では、起業家目線からは、「女性起業家の場合、女性を雇用することが多いので、在宅勤務の導入など女性が働きやすい環境を創る」が、その活動を「点」から「線や面」にするには行政や大学、コミュニティの大きなサポートが必要と感じているという報告などがありました。一方、アカデミア目線では、日本の大学の生き残りのためにも新たな価値提供として、起業家教育の充実や、体系でなくともリアルな今回のように起業家を交えての商品・サービス創りや資金調達法などを学べる授業やセミナーを創設したり、起業家養成のために学内にインキュベーション・オフィス作りや空いているスペースを提供して共に学ぶなどの連携手法があるのではというアイデアも生まれました。

 最後のリフレクション(振り返り)タイムでは、渡邉代表から、「興味・関心ある事に一歩踏み出す勇気があれば、リスクはリスクでなく、それは新しい道となります。今日の対話で、大学は学生や地域コミュニティーや起業家の集まりの中立的なハブになれる可能性を感じています」、砂田准教授は「本日は起業家の皆さんのパッションをリアルに感じた3時間で、それだけでも得をした気持ちになりました。career competency(キャリアに関連した知識や技能の総称)という言葉がありますが、残念ながらこれは教室外で育つとされています。大学は社会や起業家との関わりを意識して増やせば、自ずと起業家創出につながると思います」と考察しました。
 最後にまとめとして、宮尾正樹教授は「今回途上国からお越しいただいたまばゆいばかりの女性起業家の皆さんは、高等教育出身者が大半で学位を取得されている。大学がエンパワーメントの場として機能していると感じます。日本で輝きを失いつつある大学と対照的です。皆さんの話を聞いたり、あるいは研修等で皆さんのところを訪れたりすることで、元気がいただけるのではないか、同時に、日本の大学は定員確保が難しくなっており、途上国の方々が自立、起業のためのスキルやノウハウを身につけるために日本に留学していただくことができるのではないか、そのようにして双方の活性化が進むのではと感じています」と結びました。

 参加者の声としては、「起業家支援とキャリア開発の重なる部分を考えたのは初めてで、大変興味深かった」「起業家の皆さんのパワーと決意の強さに圧倒された1日でした」「海外の起業家の方からナマの体験を直接聞けたのは嬉しかった。ワークショップ形式で進められたのもよかったです。信じたことをやりぬく力をもらった気がします」「とても多くの情報を得ることができました。ワークショップのお陰で、友達もできました」などが寄せられました。
 今回はより実践的で実現可能なアイデア・諸策を検討することで、“グローバル・リーダーシップ”の輪郭がおぼろげながら見えたようでした。52名の参加者と6人の起業家は、3時間のワークショップ後も、名残惜しいように懇談が続きました。


日  時 2015年9月28日(月) 10:00〜13:00 (受付開始 9:30)
場  所 お茶の水女子大学 本館3階大講義室(306室)
対  象 ポストドクター、大学院生、学部生、一般社会人
(学内外問わず、女性限定 ※参加費無料)
定  員 50名
申込み方法 件名を「女性企業家フォーラム参加希望」とし、docca-r@cc.ocha.ac.jp宛に、
1.お名前 2.ご所属(学年・職名等)3.ご連絡先を明記しメールにてお申し込みください。
(お預かりした個人情報は、本イベントの連絡および本学関連のイベントのご案内のみに利用させていただきます。)
主  催 お茶の水女子大学お茶大アカデミック・プロダクション人材育成部
後  援 お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所
協  力 日本財団、独立行政法人国際協力機構(JICA)
アジア女性起業家ネットワーク(女性の地位向上協会、re:terra)
お問い合わせ先 お茶大アカデミック・プロダクション人材育成部
ポストドクター・キャリア開発事業担当 docca-info@cc.ocha.ac.jp

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



“マイプロ”ワークショップ@お茶大

 9月12日(土)13時から18時30分まで、ポストドクター・院生・学部生を対象に、「“マイプロ”ワークショップ@お茶大」を開催しました。関西からの応募者を含め、11名が集まりました。
 参加者がそれぞれ自分の問題意識や研究領域から興味関心を探り、「対話」することでモチベーションの特定をしていき、主体的なキャリア形成や活動に結び付ける「マイプロジェクト」という手法を用いてのワークショップで、共感の「いいね、それ!」といった掛け声やユーモアあふれるプレゼンの”白熱“した対話が、時間を忘れ繰り広げられました。
 事後のアンケートでは、以下のような感想が寄せられました。
「参加できて、自分がほんとうにやりたことが見えてきました。ありがとうございました(ポスドク)」
「マイプロに興味を持ちました。講師の先生をはじめ、知らないもの同士でしたが、とても話しやすい場の作り方が大変勉強になりました(ポスドク)」
「もっと時間があればと思いました。フィードバックが期待以上に得られてよかったです。また他の参加者と話していて、やってみたいことが見つけられました(ポスドク)」
「今からチャレンジしようとしているインターンシップの話が出てきたり、NPOの活動にこんなに多くの種類があり、頑張っている人が大勢いることに気付けたのは大変な収穫でした。素敵な出会いの1日になり、これで終わらせることなく、マイプロ活動を続けていきたいです(学部生)」
「価値観のブラッシュアップができました。他の人のマイプロを聞けて、刺激的な時間でした(無記名)」
参加を通して、今後の研究活動のみならず、自らの今、そして将来を見つめ直すいい機会になったようです。参加者は、予定の終了時間を超えても楽しくおしゃべりを続け、社会とのつながりや集合知を感じる1日となりました。


日  時 2015年9月12日(土) 13:00〜18:00 (開場12:30)
場  所 本館カンファレンスルーム(135室)
対  象 ポストドクター・本学院生および学部生
定  員 20名(※先着順・参加費無料)
講  師 須子 善彦氏 博士(政策・メディア)
ビジネス・ブレークスルー大学 専任講師
BADO株式会社代表取締役CEO、NPO法人ブラストビート理事
申込み方法 件名を「マイプロ参加希望」とし、docca-r@cc.ocha.ac.jp宛に、
1.お名前 2.ご所属(学年・職名等)を明記しメールにてお申し込みください。
お問い合わせ先 お茶大アカデミック・プロダクション人材育成部
ポストドクター・キャリア開発事業担当 docca-info@cc.ocha.ac.jp

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



「キャリア開発特論(ロールモデル編)」学内公開講座

 7月21日(火)3・4限(10:40〜12:10 )、お茶大附属幼小中と12年間、お茶大キャンパスに通学した女性活用ジャーナリスト・中野円佳(なかの まどか)さんを迎え、「キャリア開発特論(ロールモデル編)」は学内公開講座としました。

 中野さんの思い出として、学内で生徒達が手続きを踏めば、夏の制服の暑苦しさから開放される私服の導入までできたお茶中時代のことを例に挙げ、「世の中の既存のことは変えられる」という自信につながったことを披露されました。
 東大学部生時代は、授業紹介冊子やガイダンス、高校生や大学新入生向けイベント、130周年記念の学生による大学改革アイディアコンテストなどの企画・実施の経験をとおして、「情報発信により、人の価値観に問いかけ、世の中をよくする」という価値観の下地ができたと反すうされました。
 日経新聞の記者時代に結婚、出産して、育児休業期間に、大学院修士課程に進学することを思い立ち、乳飲み子を抱えながら、京都(立命館大学大学院)に通学された中野さんは、その修士論文を母体に昨年「『育休世代』のジレンマ」を上梓されました。

 育休世代とは「2000年前後の法改正などを経て女性総合職が増え、育休を取るのが当たり前になってから総合職正社員として就職した世代」を指し、中野さんは教育段階の男女平等な「自己実現」と結婚・出産後の「産め」「働け」「育てろ」のプレッシャーに苛まれている現状を明らかにされました。
 書籍は大変な反響になり、著者として発信する自由と責任を感じ、今年日経を退社され、企業変革パートナーの(株)チェンジウェーブに参画すると共に、東大大学院博士課程に進学も同時に果たし、「研究と実務」の両方を追うキャリアの選択肢をお茶大院生や学内関係者に提示されました。

 今後のキャリアの方向性としては、「女性活用はなぜ失敗するのか」を明確にし、「職場と家庭の悪循環」を解き放つ道筋を構築したいとまとめられました。尚、会場には学内各所より37名が集まりました。

日  時 2015年7月21日(火) 3・4限10:40〜12:10
場  所 お茶の水女子大学 本館306室
対  象 ポストドクター、大学院生、学部生、教職員
定  員 80名
申込み方法 件名を「学内公開講座参加希望」とし、docca-r@cc.ocha.ac.jp宛に、
1.お名前 2.ご所属(学年・職名等)を明記しメールにてお申し込みください。
当日参加も可能です。
※既に本講義受講中の方は、申込みの必要はございません。
お問い合わせ先 お茶大アカデミック・プロダクション人材育成部
 ポストドクター・キャリア開発事業担当docca-info@cc.ocha.ac.jp

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



女性博士人材の社会起業を考えるフォーラム

 5月27日(水)、本学共通講義棟2号館 101室において「女性博士人材の社会起業を考えるフォーラム」を開催いたしました。来賓として文科省人材政策推進室唐沢裕之室長を来賓に迎え、基調講演、パネルディスカッションを開催、学内外のポスドクや院生、一般社会人、教職員67名の参加がありました。

 国内外の貧困、教育、環境、就労、医療・福祉、地域など困難を極める社会的課題を生活者の視点とイノベーティブなビジネスの手法で、自立的に解決を目指す“女性社会起業家”が注目をされています。日本でも女性博士人材のアカデミアや研究職、あるいは産業界への就職以外のキャリアの選択肢として、社会起業へのチャレンジも現実味を帯びてきました。
今回のフォーラムでは、まず、“イノベーションの学校”東京大学i.schoolを牽引する東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻 堀井 秀之教授に基調講演として、「女性博士人材に期待する起業とソーシャル・イノベーション創出」をテーマに、クレイトン・M・クリステンセン氏の創出理論の解説や、これまでのご経験から今後の可能性と展望に言及いただきました。「起業とは自分らしい生き方、自己実現を達成するための手段」であり、「女性が幸せになる選択肢としての起業」という言葉に多くの参加者の共感を呼びました。

 第二部にあたるパネルディスカションでは、「女性×博士×起業家」3軸のケースにふさわしい3名の博士人材をはじめ、修士時代や学部3年時に起業した2名のパネリストを交え、「研究」と「起業」の親和性などの主張もあり、女性博士人材の社会起業というキャリアの選択肢の可能性が確認され、活発に議論が深まりました。


また、その後の情報交換会では、中小企業大学校東京校「BusiNest」の協力のもと「起業よろず個別相談会」も実施しましたが、6名の熱心な相談がありました。参加者の声としては、「女性博士で起業家として活躍している人の話が聞くことがこれまでなかったので、非常に面白かった」「5人の女性パネリストがそれぞれエッジの利いた起業家であり、聴き応えがありました」「社会起業に対して今までより身近に感じるようになりました。視点の柔軟さに“ハッ”とさせられっぱなしでした」などがありました。「女性が起業することが当たり前の社会に、どう変えていけるか」を考える有意義な1日となりました。


日  時 2015年5月27日(水) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30)
場  所 お茶の水女子大学 共通講義棟2号館 101室
http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
対  象 ポストドクター 院生 学部生 教職員 一般 ※学内外・男女問わず 参加費無料
開催内容
14:00〜 開会挨拶
14:05〜 来賓挨拶 文部科学省 科学技術・学術政策局人材政策課(予定)
14:15〜 基調講演 「女性博士人材に期待する起業とソーシャル・イノベーション創出」
東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻 教授
東京大学i.schoolエグゼクティブディレクター 堀井 秀之氏
15:10〜 パネルディスカッション 「女性博士人材の“社会起業” という選択肢を考える」
【パネリスト】
・吉岡 マコ氏 (NPO 法人マドレボニータ 代表理事)
・辻田 眸氏 (株式会社シンクフェーズ 代表取締役社長)
・熊 仁美氏 (NPO 法人ADDS 共同代表 慶應義塾大学先導研究センター 非常勤研究員)
・三田 果菜氏 (Happy Beauty Project 代表 美容師)
・城宝 薫氏 (立教大学 経済学部4年 株式会社テーブルクロス 代表取締役)
【ファシリテーター】
・砂田 薫 (お茶大アカデミック・プロダクション 特任准教授)
17:00〜 情報交換会(大学食堂) ※参加費無料
★同時開催「起業よろず個別相談会」(協力:BusiNest )
申し込み方法 件名を「起業フォーラム参加希望」として、docca-r@cc.ocha.ac.jp宛に、,名前 △棺蠡亜奮愬) 情報交換会参加の有無を明記のうえメールにてお申し込みください。
お問い合わせ先 お茶大アカデミック・プロダクション人材育成部
ポストドクター・キャリア開発事業
博士・ポストドクターキャリア相談室
〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1
お茶大アカデミック・プロダクション研究棟203室
docca-info@cc.ocha.ac.jp

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



第4回インターンシップ報告会


1月22日(木)、キャリア・イノベーターとして、インターンシップ派遣プログラムに参加した3名とその受入企業・機関の方をお招きし、成果報告会を開催しました。 キャリア・イノベーターとしてインターンシップをした方々からは、子育てしながらのインターンシップのエピソードや派遣前、派遣終了後のご自身の変化など、また、研修中に海外への会議に同行し活躍された様子やその後、インターンシップ先に就職してからのさまざまな体験談をお話しいただきました。
受け入れ先の方からもインターンシップ受入後の職場でのさまざまな変化やポスドクのみなさんの優秀な働きぶりをご報告いただき、盛会のうちに終了しました。

また、報告会後には、平成25年度、26年度にインターンシップを受け入れていただいた企業・機関への感謝状謹呈式も執り行われました。
イベント終了後には、企業・機関のみなさまとの交流会も行われ、活発な意見交換と有意義な交流がなされました。
今後も定期的に成果報告会を開催する予定ですので、次回もぜひご期待ください。

日  時 2015年1月22日(木) 15:00〜 (開場14:30)
場  所 お茶の水女子大学 本館1階 カンファレンスルーム
http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
対  象 ポストドクター、大学院生、本学教職員他(参加費無料)
開催内容
15:00〜 事業説明および公募説明会
15:30〜 インターンシップ成果報告会
・中 彩乃さん
(株式会社ファンケルヘルスサイエンス)
・参鍋 祐子さん
(高岡知的財産グループ株式会社)
・李 惠珍さん
(公益財団法人日本国際交流センター)
17:15〜 表彰式(H25,26年度インターンシップ受け入れ企業様)
17:45〜 情報交換会(軽飲食付・無料)
申し込み方法 件名を「報告会参加希望」とし、docca-info@cc.ocha.ac.jp宛に、,名前 △棺蠡亜並膤惘〔勝専攻・学年・職名等)ご連絡先を明記のうえメールにてお申し込みください。情報交換会の準備のため、事前予約にご協力をお願いいたします。
(当日参加も可)
お問い合わせ先 お茶大アカデミック・プロダクション人材育成部
ポストドクター・キャリア開発事業担当
お茶大アカデミック・プロダクション研究棟 203室 
docca-info@cc.ocha.ac.jp

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



国際社会で活躍する女性博士人材育成に向けたキャリア支援のあり方

11月19日、FD講演会が開催され、29名の教職員が参加しました。
本学名誉教授の内田伸子先生から、博士人材のキャリアパスの現状とお茶大生の特徴について、考察をいただきました。また、本学教員アンケートの結果報告へのコメント、「修士・博士課程の過ごし方」についてお話しいただいた後、意見交換がなされました。専攻により違いはあるものの、博士課程に進学を希望する学生に対する指導方法や今後期待されるシステム構築について、また、女性のライフコースに関する院生への情報提供の重要性について話し合われました。


日  時 平成26年11月19日(水) 午後1時〜3時
会  場 共通講義棟2号館 101室
対  象 本学教職員 ※事前申込みは不要です。
基調講演
及び
意見交換会
「国際社会で活躍する女性博士人材育成に向けたキャリア支援のあり方」
講演者 内田 伸子 名誉教授
主  催 FD委員会
共  催 お茶大アカデミック・プロダクション
問合せ先 お茶大アカデミック・プロダクション人材育成部
docca-info@cc.ocha.ac.jp

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



ポスドク・博士課程生のワークインプログレス

 11月26日、博士人材の活用に関心のある13の企業・機関より31、学内外のポスドク・博士課程生22名が出席し、企業説セミナー、PD/DCによる発表会(ポスターセッション)、個別交流会、情報交換会が行われました。


●参加者からの声

 ・企業・機関の方々から・・・
  − 学生のみなさんの研究内容はレベルが高く中身の濃いもので、発表時に熱弁されていたの
    が印象的だった。
  − 研究に対する情熱、まじめさに感動した。
  − 優秀で快活な院生が多く活躍されていることを実感できた。
  − 研究者でありながら、研究一辺倒ではなく、視野を広く持とうと積極的に質問していたことが
    印象的だった。

 ・ポスドク・博士課程生の方々から・・・
  − 企業の方と就職活動の場では聞きづらい内容についての質問や研究発表に対するフィード
    バックなども得られ、参加してよかった。
  − ポスター発表や交流会と、相互に話し合う機会があってよかった。
  − 企業の方と直接お話しする機会はあまりないので緊張したが、とても貴重な体験になった。
    またこのような機会があったら参加したい。


相互理解が深まり、ポスドク・博士課程生のみなさんは大変よい刺激をもらい、得たものも大きかったようです。今後もポスドク・博士課程生と企業・機関の方々との交流の場を提供していきたいと思っています。1月には、実際に本プログラムによりインターンシップを経験したポスドク、受入企業の方々をお招きした「第4回インターンシップ成果報告会も開催予定です。是非ご参加ください。


日  時 2014年11月26日(水) 15:00〜18:00(18:00〜情報交換会 軽飲食付、参加費無料)
会  場 お茶の水女子大学 本館
http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
対  象 ポストドクター、博士課程生(学内外、男女問わず)
定  員 35名(※先着順)参加費無料
プログラム 15:00〜16:00 企業セミナー
16:00〜17:00 ポスドク/博士課程生発表会(ポスター発表)
17:00〜18:00 個別交流会(就職面接の場ではありません)
参加予定
企業・機関
アマゾンジャパン、NEC中央研究所、Z会、ベネッセコーポレーション、ソフトバンクグループ、サイボウズ、電通、株式会社パソナグループ、EYアドバイザリー、理化学研究所、化学素材メーカー、製薬企業 (順不同)
申込方法 件名『ワークインプログレス参加』とし、 docca-info@cc.ocha.ac.jp 宛てに、,名前 ⊇仗/所属大学・専攻 在籍の学年 じΦ罐董璽泙鯡正の上お申し込みください。
ポスター作成のための事前説明会を以下の日程で開催します。ご都合のあう日程にご参加ください。
 11/12(水)、11/17(月)いずれも10時〜、16時30分〜 (30分程度)
主  催 お茶の水女子大学
協  力 学際生命科学東京コンソーシアム

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



多様なキャリア創出のための相談・説明会

ポストドクター・博士課程在籍者を対象に「多様なキャリア創出のための相談・説明会」を開催しました。
現在公募中の「キャリア・イノベーター」についての説明や本事業の取り組をはじめ、個別のキャリア相談は随時実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。


日  時 2014年10月8日(水)
1回目 15時〜15時30分
2回目 18時〜18時30分
内容は、いずれの回も同じです。ご都合の良い日程でご参加ください。
各回説明会終了後、個別相談をご希望の方は、お申し込み時にお申し出ください。
(別日程での相談も受け付けます)
会  場 お茶の水女子大学 お茶大アカデミック・プロダクション研究棟 201室
http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
対  象 ポストドクター、博士課程生(学内外問わず) ※無料
申込方法 件名『説明会参加希望』とし、 docca-info@cc.ocha.ac.jp 宛てに、,名前 △棺蠡亜専攻 3愬・職名 せ臆担望回 ジ鎚盟蠱命醜みの有無を明記の上お申し込みください。
※当日参加も可能ですが、個別相談は事前申込者優先です。メールでの事前申込みにご協力ください。

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



第3回博士人材キャリア開発セミナー『ポスドク・インターンシップ報告会with起業家精神とビジネスマインド醸成』

 7月16日午後から開催した第3回「博士人材キャリア開発セミナー」には、女性博士人材のキャリアパスや長期インターンシップに関心が高いポストドクターや博士後期課程学生、関係教員が学内外から28名集まりました。
 第1部は講演で、大学卒業後、就職せずに専業主婦、2児の母として20年家庭に納まった後、「このままでいいのだろうか」と社会との接点を持ちたいと考え、03年に都内の不動産仲介業者のアルバイトとして“社会人”デビューした熊坂仁美さん。その後SNSを活用したビジネスの可能性に目覚め、米国に短期留学、帰国後、2010年11月に、『Facebookをビジネスに使う本』を著し、大ブレイク。そして、株式会社ソーシャルメディア研究所を設立した。「主婦から起業し、経営すること」をテーマに、「私は42歳で社会人デビュー。前途も能力も人脈もある皆さんなら何でもできる環境にある」と、参加者を勇気付けました。 続いて、ブレークスルーパートナーズのマネージングディレクターの赤羽雄二さんが、「博士人材ビジネスマインド醸成〜研究脳からビジネス脳への転換」をテーマに、日本の産業や企業の競争力の落ち込みを概観した後、参加者とベストセラー「ゼロ秒思考」のエッセンスであるメモ書きの仕方のミニ講座を開きました。赤羽さんはマッキンゼーのコンサルとして14年間、日本企業や韓国企業の経営改革を手がけ、新事業創造にパートナーとして取り組んできましたが、日々学ぶことが多く、入社早々メモを開始。ビジネス上の問題把握・解決力を鍛えるために、独自の毎日10ページの「メモ書き」を考案したことでも知られています。

第2部は、「ポストドクター・キャリア開発事業」の概要説明の後、当該事業で長期インターンシッププログラムに参加した3人の「ポスドク・インターンシップ報告会」に移りました。順に、森 朋子さん(3ヶ月間)と満都拉さん(5ヶ月間)、そして田中 秀子さん(6ヶ月間)。それぞれ自分を成長させてくれたインターンシップの成果を報告しました。  また受入機関先から、公益財団法人日本ユネスコ協会連盟 事務局教育文化事業部 青山由仁子さん、ベネッセ教育総合研究所 高等教育研究室高等教育研究室長 樋口 健さん、株式会社スカイライト・バイオテック 代表取締役社長CEO 中嶋 拓史さんが登壇し、インターン生の活躍の様子や組織に及ぼした効果や今後の課題についてのお話を頂戴しました。

 参加者の声としては、「インターンシップ報告会で、受入企業側のフィードバックがあったので、双方の視点から理解できて参考になりました(D2)」「講師やポスドク、社会人の方から、困難がありながらも、ポジティブに自らのキャリアを築いてきたという話を聞き、将来に対し、少しマイナスイメージを抱いていたが、自分の持てる力を社会にどんどん役立てながら、キャリア形成したいと強く思いました(M1)」「赤羽先生のように、機会の掴み方や自身の能力の高め方について、自身の体験を基に、多くの人に共有できる一般化した手法をレクチャーしていただけて、とても勉強になりました(D1)」などがありました。

現在も11名がインターンシップ中、3名がインターン前の座学養成中でまもなくインターンを開始する予定です。今年度は、インターンシップ報告会をあと2回開催予定です。
次回開催時期が決まり次第、こちらでご案内いたしますので、どうぞみなさまご参加ください。


日  時 2014年7月16日(水)14:00〜17:30
会  場 大学本館 1階 103室 (生活科学部会議室)
http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
対  象 ポストドクター、院生、学部生、社会人(学内外、男女問わず)
定員 50名 ※参加費無料
申込方法 件名『キャリア開発セミナー参加希望』とし、 docca-info@cc.ocha.ac.jp 宛てに、,名前、△棺蠡亜奮慇犬蓮学年も明記)、O⇒軅茲鯡正のうえ、事前にお申し込みください。
プログラム
14:00〜14:05 開会挨拶
◆第一部
14:05〜15:00 講演1:「主婦から起業し、経営するということ」
株式会社ソーシャルメディア研究所 代表取締役 熊坂 仁美氏
15:05〜16:00 講演2:「博士人材ビジネスマインド醸成〜研究脳からビジネス脳への転換」
ブレークスルー パートナーズマネージングディレクター 赤羽雄二氏
◆第二部
16:10〜16:25 ポスドクインターンシップ事業概要説明
16:25〜17:25 インターンシップ報告会
■ 森 朋子さん (東京大学特任研究員)
(インターンシップ先)公益財団法人日本ユネスコ協会連盟 事務局教育文化事業部
■ 満都拉さん (ベネッセ教育総合研究所 高等教育研究室 特任研究員)
(インターンシップ先)ベネッセ教育総合研究所 高等教育研究室高等教育研究室長 樋口 健 氏
■ 田中 秀子さん (株式会社スカイライト・バイオテック 本社解析センター テクニカルアソシエイト)
(インターンシップ先)株式会社スカイライト・バイオテック 代表取締役社長CEO 中嶋 拓史 氏
17:25〜17:30 講演者からの講評

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



第2回 博士人材キャリア開発セミナー「ワークショップ:働き方をデザインする−博士と仕事の新しいカタチ−」

 3月29日(土)午後から行われた第2回博士人材キャリア開発セミナー「ワークショップ 働き方をデザインする〜博士と仕事の新しいカタチ〜」には、学内外から大学院に通う院生や博士号取得者・満期退学者・ポスドクが14名集まった。「ポストドクター・キャリア開発事業」の説明会の後、今回は参加者に対し、年齢・感覚に近いロールモデルを提示し、キャリアを主体的に捉えていただきたいというコンセプトから、東大出身女性博士人材7名によるリサーチ/エンジニアリングユニットとして活躍中である「CHORD xx CODE」の4名をファシリテーターとして招いた。

 最初に4人の講師に自身のキャリアパスをそれぞれ語っていただき、濃密な質疑・応答を経て、グループワーク、インタラクティブ・トークに進んだ。講師陣は、大学教員(東京と秋田)が2名(うち1名は子育て中)、1名は民間の広告会社である博報堂、1名はサムスン電子(韓国在住)勤務と、多様性に富んだキャリア構成となった。ワークショップ後の懇親会では、参加者が講師陣と世代が近いこともあって、対話も意見交換も参加者同士の話も深まり、アットホームな午後のひとときとなった。

 参加者の声としては、「異なる分野で活躍されている方々のリアルな話が聞けたので、今後のキャリア・イメージに生かせていきたい(学外)」、「いろんな女性の実体験が伺えて参考になった(学外)」、「いろんな人の意見を聞いて、共感できる点や自分と異なる意見に触れました。自分の考えが定まっていなかったのですが、この時間を通して、少し自分の考えがまとまってきた気がします。参加してよかったです(学内)」、「質疑応答の時間がとてもよかったです。困難を乗り越え方や尊敬する人物像など、今後に役に立つ内容が心に響き、参考になりました。本日参加して本当によかったです(学外)」などがあった。

 

日  時 2014年3月29日(土) 13:30〜18:30
会  場 大学本館 第1講義室(124室)
http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
対  象 博士、ポスドク、院生 (いずれも女性限定)
●タイムスケジュール
<第1部>13:30-13:50 ポストドクター・キャリア開発事業 説明会
<第2部>14:00-15:30 講演
講師:CHORDxxCODE(女性博士人材7人のグループ)
http://chordxxcode.com/
(休 憩)
<第3部>15:45-16:15 グループワーク
<第4部>16:15-17:15 インタラクティブトーク
<第5部>17:15-18:30 個別相談(懇談)

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



第1回感謝状謹呈式

11/18(月)、これまで長期インターンシップ受け入れにご協力いただいた10法人に対する感謝状謹呈式が開催されました。 当日は、7法人より代表者がご来学くださり、理事・副学長の河村哲也先生より1法人ずつ感謝状を贈呈させていただきました。 ご協力いただいた法人様、本当にどうもありがとうございました。

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



博士人材キャリア開発セミナー
「ポスドク・インターンシップ報告会 with 博士人材が知っておきたい経済教室」

 12月7日午後から行われた「博士人材キャリア開発セミナー」には、女性博士人材のキャリパスアや長期インターンシップに関心が高いポストドクターや博士後期課程学生が20名以上集まりました。

 第1部は、博士人材に贈る「経済教室」として、(株)バーサタイル 代表取締役兼(株)FISCO アドバイザリー事業部ディレクターの 中川 博貴氏から、「世界や日本の経済のトレンドや企業を見るポイント、博士人材採用に係る情報」を共有いただきました。

 第2部は、基調講演で、国立保健医療科学院 生涯健康研究部主任研究官の吉田 穂波氏から「女性博士人材に期待すること〜結婚・博士号取得・出産・子連れハーバード大学院留学を経た経験から伝えたいこと」をテーマに、研究と実生活のバランスの取り方や、時間管理の重要性を語っていただきました。


 第3部は、「ポスドク・インターンシップ報告会」。本年4月から長期インターンシップを体験した石崎恵子氏(4ヶ月)と菅井 薫氏(6ヶ月)が、それぞれ自分を成長させてくれたインターンシップの成果を報告しました。
 また受入機関である宇宙航空研究開発機構 大学・研究機関連携室 計画マネージャー大関 恭彦氏と公益財団法人東京都歴史文化財団 江戸東京たてもの園学芸員 盒 英久氏からは、インターン生の活躍の様子や組織に及ぼした好影響や今後の課題についてのお話を頂戴しました。

参加者の声として、「こんな素敵なセミナーに参加できてよかったです。今回考えさせられたこと、学んだことを胸に刻んで精進したいと思います(D1)」「このような経歴や体験をした女性で、人生の先輩からお話を聞ける機会はあまりなく、とてもありがたかったです。今後の自分の人生を考える上で、とても参考になりました(D1)」「他大学からの参加ですが、3部とも大変参考になりました。このような開かれたセミナーが発展されることを願っております(M2)」などがありました。


日  時 2013年12月7日(土)13:45-17:00(受付開始 13:30)
会  場 お茶の水女子大学 本館1階 学部会議室(103室)
http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
対  象 ポスドク、院生、学部生、一般社会人 ※いずれも学内外、男女は問わず
定員 30名 ※参加費無料
申込方法 ,名前△棺蠡悪O⇒軅茲鯡正の上、以下連絡先まで事前にお申し込みください。
連絡先 お茶大アカデミック・プロダクション 人材育成部
〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1
Tel 03-5978-2708   Email 
プログラム
13:45〜13:50 開会挨拶
インターンシップ事業概要
13:50〜14:45 第1部 博士人材に贈る「経済教室」
〜“会社四季報”だけでない「企業調査レポート」による企業の見方
株式会社バーサタイル 代表取締役、株式会社FISCO アドバイザリー事業部ディレクター併任 中川 博貴氏
14:50〜15:40 第2部 基調講演
「女性博士人材に期待すること」
〜結婚・博士号取得・出産・子連れ海外留学を経た経験から伝えたいこと
国立保健医療科学院障害健康研究部主任研究官 前・ハーバード大学公衆衛生大学院リサーチフェロー 吉田 穂波氏
15:45〜16:35 第3部 ポスドク・インターンシップ報告会
.ぅ鵐拭璽鵐轡奪弖亳骸 石崎 恵子さん
宇宙航空研究開発機構 大学・研究機関連携室 計画マネージャー大関 恭彦氏
▲ぅ鵐拭璽鵐轡奪弖亳骸 菅井 薫さん
公益財団法人東京都歴史文化財団 江戸東京たてもの園 学芸員 盒 英久氏
終了後、質疑応答 17:00 終了予定

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



「第2回 企業合同説明会&ポスドク/ドクター発表会」

11/18(月)に、企業等12社、博士課程生及びポストドクター20名弱が集い、企業合同説明会が開催されました。
まず、企業より、業務内容や研究の方向性、博士人材に求めること等のプレゼンがあり、その後、博士課程生及びポストドクターによるポスターセッションが開催されました。
最後に、個別相談会も開催され、普段、あまり深く関われない企業との交流に博士課程生及びポストドクターの方々も刺激を受けていたようです。
特に今回は文系・理系の垣根を越えて開催されたこともあり、博士課程及びポストドクターからは次の声が挙がりました。

私は文系出身なので、これまでは文系分野が活かせる企業の情報しか収集してきませんでした。
しかし、今回、理系中心の企業様より色々と研究について聞かれ、アピールさせていただくことができ、企業を見る目が一気に変わりました。
自分の視野を狭めず、いろいろな企業を見ていこうと思います。

一方、企業側も、様々な研究を知る機会となり、今後の研究方針等の参考になったという声もありました。

●参加企業(順不同)
ファンケルNTT研究所[日本電信電話]シードFISCO
IBM東京基礎研究所
[日本IBM]NEC中央研究所[日本電気]
リクルートグループ研究機関アドバンスソフトリバネス
日立研究所
[日立製作所]JAXA[宇宙航空研究開発機構]
●開催概要
日  時 2013年11月18日(月)15:00〜18:00 (情報交換会18:00〜19:00)
会  場 お茶の水女子大学 本館 2階 第一会議室 他
http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
対  象 ポストドクター、博士後期課程、博士前期課程(修了予定年度の進学予定者)
文系、理系、学内、学外を問わず歓迎!
連絡先 お茶大アカデミック・プロダクション 人材育成部 深澤
〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1
Tel 03-5978-2708   Email 
●プログラム
15:00〜16:30 企業合同説明会(ショートセミナー)
参加企業各社が、企業での研究紹介や博士への期待などメッセージを発信します。ブランドイメージと異なる研究領域の紹介や、日頃の研究活動にも役立つ情報が満載です。
16:30〜17:15 ポスドク/ドクター発表会(ポスターセッション)
ポスドク/ドクターが、研究内容を含む自己紹介をポスターで発表します。学会などでの研究発表ではなく、企業に向けて自分をアピールする発表にチャレンジしてください。
17:15〜18:00 個別面談会
意中の企業と膝を交えてじっくり情報交換が行えます。(就職面接の場ではありません。)

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



第5回博士キャリアセミナー@お茶大「博士の就職活動体験談」

学部生、博士前期・後期課程生、ポストドクターを対象に、第5回博士キャリアセミナー@お茶大「OG懇談会:博士後期課程後のキャリア」を開催しました。 第1部では、本学キャリアコーディネータの深澤知憲先生より「博士人材が就職活動で気をつけること」というテーマで実践的なノウハウに関するレクチャーがありました。第2部では、お茶大OGと既に就職が決まった博士後期課程生が、パネルディスカッション形式で、就職や転職経験について議論しました。いわゆるアカデミックポストに就いた博士人材と、企業等で活躍する博士人材との双方の観点から議論ができ、参加者からは、「ノウハウや具体的なアドバイスもあり、今後のキャリアを考える上で、示唆に富む時間となった」等のコメントがありました。

 

 

日  時 2013年10月5日(土)16:30-18:00
会  場 お茶の水女子大学 お茶大アカデミック・プロダクション研究棟 2階 201室
http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
対  象 ポストドクター、博士後期課程在籍者、後期課程への進学を考えている博士前期課程学生、学部生(専攻・性別不問、学外者歓迎)
詳  細 特設Facebookページをご覧ください。

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



「キャリア・イノベーター」プログラム説明会

長期インターンシップへの参加を希望するポストドクターは必ずご確認ください。
   →公募要領
以下の日程で説明会を行いますので、応募を検討しているポストドクターは、出席してください。

 

日  時 2013年7月25日(木)第1回 16:00-16:30、第2回 18:00-18:30 ※内容はいずれも同じです。ご都合の良い日程でご参加ください。
会  場 お茶の水女子大学 お茶大アカデミック・プロダクション研究棟2階 201室
http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
対  象 ポストドクター、博士院生(学外者も可)、大学教職員(学外も可)
申込方法 前日までに、メールにてお申し込みください。詳しくは、PDFをご覧ください。

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



第4回博士キャリアセミナー@お茶大 「OG懇談会:博士後期課程後のキャリア」

博士後期課程在籍者、ポストドクター、および博士後期課程に進学を希望する博士前期課程在籍者、学部生を対象に、第4回博士キャリアセミナー@お茶大「OG懇談会:博士後期課程後のキャリア」を開催しました。
お茶大OGを中心に、異なる分野からアカデミック・ノンアカデミックキャリアに進まれた若手女性博士をお招きし、パネルディスカッション形式でお話を伺いました。参加者からは、今までに参加したことのない内容の濃い貴重なお話をたくさん聞くことができ、有意義な時間だったとの感想をたくさんいただきました。

10月には、「就職活動体験を聞く会(仮)」の開催も予定しています。詳しい内容が決まり次第、こちらでもお知らせしてまいります。

 

日  時 2013年6月29日(土)16:30-18:00
会  場 お茶の水女子大学 理学部会議室(3号館 2階)
http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
対  象 ポストドクター、博士後期課程在籍者、後期課程への進学を考えている博士前期課程学生、学部生(専攻・性別不問、学外者歓迎)
申込方法 詳しくは、PDFまたは、特設Facebookページをご覧ください。

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



「第2回 インターンシップ報告会」

学内外の博士、ポスドクを対象に、「第2回 インターンシップ報告会」を開催しました。
昨年度、第2期生として長期インターンシップ派遣に参加したAngsuma Wongmayura Ph Dを迎え、「私が日本企業で得たもの」と題しインターンシップ報告を行いました。
インターンシップ中には、実際にマーケティングプロジェクトに参加し、専門的見地からの積極的な提案をするなど、アカデミックでは体験できないさまざまな経験があったことや、現在の就職先での面接時に、日本の企業での就業体験が高く評価されたことなどをお話しいただきました。
また、インターンシップ中、指導にあたられた株式会社フクダコーポレーションの冨永氏からも、「ポスドク・インターンシップを受け入れて感じたこと」を講演いただき、旧来の企業風土に新たなインパクトが加わったこと、インターンシップ生と同年代の若手社員が論理的に考えたり向上心が芽生えるなどの相乗効果があったことをお話しいただきました。本事業は、インターンシップ生と受け入れ企業の双方に「有為な化学反応」をもたらすものと考え、今後もインターンシップ生の受け入れに取り組み続けたいとのうれしいお言葉も頂戴いたしました。
今後も定期的に報告会を開催していきたいと思います。

 

日  時 2013年6月29日(土)15:30-16:20
会  場 お茶の水女子大学 理学部会議室(3号館 2階)
http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
対  象 ポストドクター、博士後期課程在籍者、後期課程への進学を考えている博士前期課程学生、学部生(専攻・性別不問、学外者歓迎)
申込方法 docca-info@cc.ocha.ac.jpまで〇疚将⊇蠡悪身分(D2,PD,特任助教等)だ賁臺野ゥ瓠璽襯▲疋譽広ζ影開催の博士キャリアセミナー、懇親会への参加希望の有無を明記し送信してください。

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



「博士課程の多様なキャリア創出のための相談・説明会」

  ポストドクター・キャリア開発事業「博士課程の多様なキャリア創出のための相談・説明会」を開催します。 今月、博士課程を修了あるいは満期退学され、4月からポスドクとしてキャリアを歩み始められる方や、4月以降のキャリアについて悩みを抱えている方もいらっしゃるかと思います。節目の月に下記の通り本事業の説明会を行うことに致しました。少しでもご興味のある方は是非ご参加ください。


日  時 2013年3月25日(月)17:00-17:30
会  場 お茶の水女子大学 アカデミック・プロダクション研究棟 2階 201室
対  象 ポストドクター、博士後期課程3年以上(専攻不問)
申込方法 docca-info@cc.ocha.ac.jp まで、〇疚勝↓⊇蠡阿鯀信してください。

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



第3回 博士キャリアセミナー@お茶大 「面接のためのロジカル・コミュニケーション®」

 博士課程在籍者とポストドクターを対象に、第3回博士キャリアセミナー@お茶大「面接のためのロジカル・コミュニケーション®」を開催しました。参加者は、事前に講師宛に自己PR動画を提出。その中から一例をあげながら講義をすすめました。
 参加者7名を2グループに分け、グループディスカッションをしながら、どうしたら話が伝わるのか、また論理的に話すためのポイントを学びました。
 最初に会った時のお互いの表情や話し方、声がどんどん変わっていることに、参加者はみな驚いていました。自己分析をすすめていくうちに、自分のことだけでなく、周囲にいる自分とは違ったタイプの相手に合った接し方をすることで、そのタイプのいいところを引き出すヒントがあることも学びました。面接対策としてだけではなく、今後いろいろな場面で本日習得したことが活かされていくことと思います。


日  時 2013年3月1日(金)14:00-17:30
会  場 お茶の水女子大学 アカデミック・プロダクション研究棟 2階 201室
対  象 民間企業・公務員・教員等への就職を考えている博士後期課程学生・ポストドクター (専攻不問、学外者も含む)

申込方法 詳しくはPDFまたは、特設Facebookページをご覧ください。
問合せ先 「博士キャリアセミナー@お茶大実行委員会」



>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



ポスドク・インターンシップフェロー(特任リサーチフェロー)公募説明会

長期インターンシップへの参加を希望するポストドクターは必ずご確認ください。
   →長期インターンシップ制度について
   →公募要領(掲載終了)
以下の日程で公募説明会を行いますので、応募を検討しているポストドクターは、必ず出席してください。
日時:2月13日(水) 、18日(月) いずれも17:30-18:30
会場:お茶の水女子大学 大学本館1階120室(第二会議室)

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



ポストドクター・キャリア開発事業「事業説明会」

 当事業では、「キャリア開発関連講義の企画実施」、「ポスドク・博士院生対象のキャリアセミナーや企業説明会の企画実施」「ポスドク・博士院生の進路相談」、「長期インターシップへの派遣」などを行っています。関心のある方は、是非ご参加ください。博士1年生2年生のご参加も歓迎いたします。

日  時 2013年2月13日(水)、18日(月)16:30-17:30
会  場 お茶の水女子大学 本館1階 120室(第2会議室)
対  象 ポストドクター、博士院生、本学教職員

 詳しくはPDFをご覧ください。

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



第2回 博士キャリアセミナー@お茶大 「エントリーシート対策講座」

 博士課程在籍者とポストドクターを対象に、第2回博士キャリアセミナー@お茶大「エントリーシート対策講座」を開催しました。 学内学外あわせて7名が参加、各自事前に準備してきた自己アピールや志望動機などを中心に添削しあい、その後講師によるエントリーシート作成のポイント解説が行われました。 講座終了後は交流会も行われ、学内外の博士同士の和やかな語らいの場を提供することができ、今後の情報交換に活かされることを期待しています。 今後は、他の採択校のイベント情報もこちらのHPにて提供していきたいと思います。 博士課程在籍者、ポスドクのみなさま、ぜひ積極的にご参加ください。

日  時 2013年2月7日(木)17:00-20:30
会  場 お茶の水女子大学 アカデミック・プロダクション研究棟 2階 201室
対  象 民間企業・公務員・教員等への 就職を考えている博士後期課程学生・ポストドクター (専攻不問、学外者も含む)

申込方法 詳しくはPDFまたは、特設Facebookページをご覧ください。
問合せ先 「博士キャリアセミナー@お茶大実行委員会」


>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



「博士キャリアセミナー@お茶大」

 博士課程在籍者とポストドクターを対象に、「博士キャリアセミナー@お茶大」を、開催いたしました。  文系、理系にわかれ、就職活動に必要なノウハウや自己PR対策について講師によるセミナーが開催され、学生46名(文系7名、理系39名)が参加、セミナー後に行われた交流会では博士ネットワーク構築を目的とし、学内、学外の垣根を越えた有意義な意見、情報交換がなされ大盛況のうちに終了しました。

日  時 2013年1月11日(金)16:00-20:30
会  場 お茶の水女子大学 理学部ラウンジ(理学部3号館2階)
対  象 民間企業・公務員・教員等への 就職を考えている博士後期課程学生・ポストドクター 、博士後期課程に進学予定の博士前期課程学生(専攻不問、学外者も含む)

申込方法 詳しくはPDFまたは、特設Facebookページをご覧ください。
問合せ先 「博士キャリアセミナー@お茶大実行委員会」

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



「起業するためには?〜必要な知識と起業の実際」
日  時 2012年12月12日(水)13:20〜17:30
会  場 お茶の水女子大学 本館3階 306室
対  象 どなたでも参加できます。
参加費 無料
申込方法 当日参加も可能ですが、資料配布等の準備がございますので、事前にメールにて申込みくださるとありがたいです。

件名:起業セミナー参加希望 と明記のうえ、
本文に ①氏名②所属 を記載し電子メールにてご連絡ください。
●プログラム
第1部 起業に必要な法務知識などの講義(本学 湯浅 長久 准教授)
第2部 起業の経験談 〜やりがいと苦労

株式会社クラブビジネスジャパン
取締役 岩井 智子氏
(本学卒業生)
2002年設立。
フィットネス業界の動きがわかる経営情報誌、インストラクター・トレーナーのキャリアマガジン、フィットネスクラブメンバーの快適生活マガジンの出版。および、フィットネスポータルサイト、フィットネス業界専門の求人・資格情報サイト、オンラインショップなどを運営。

有限会社モーハウス
代表取締役 光畑 由佳氏
(本学卒業生)
1997年創業、2002年設立。
授乳服、授乳用インナーの製作・販売、出産・子育てイベントの企画制作。子連れ勤務の実施等、ワークバランスの観点からも、またソーシャルベンチャー(社会企業)としても、新聞・雑誌等で紹介されている。
第3部 質疑応答とディスカッション

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る



「企業合同説明会&ポスドク/ドクター発表会」

 ポストドクターと博士課程の人を対象に、「企業合同説明会&ポスドク/ドクター発表会」を、開催いたしました。企業13社、ポスター発表を含め学生44名(学内32名、学外12名)の参加となり、企業合同説明会(ショートセミナー)、個別面談会、ポスター発表、情報交換会ともに有意義な時間を共有することができました。

 企業からのプレゼンを聞く機会の少ないポスドク、ドクターにとって、企業合同説明会は企業が何を求めているのかを肌で感じるいい機会になったのではないでしょうか。
 個別面談会においては、さらに詳しく企業での研究開発や事業構造、業務の実態を知ることができ、その後のポスター発表、情報交換会でもお互いを理解することへとつながりました。
 また、学内、学外問わず、44名のポスター発表は、まさに活気のあるものとなりました。参加学生からも、このようなイベントの開催は大変ありがたいとの言葉も聞かれ、情報収集やネットワーク構築等、今後のキャリア形成につながることを期待します。

東京海洋大学のHPでも紹介されています。 こちらもご覧ください。


●参加企業(五十音順)
旭硝子 / アドバンスソフト / アルク教育社 / NTT研究所 /
オルトメディコ / KDDI研究所 / ディー・エヌ・エー / 東レ /
ドワンゴ / ニフコ / ハイテック / マイクロソフト /
大手エレクトロニクスメーカー /大手精密機器メーカー
など
●開催概要
日  時 2012年11月28日(水)15:00〜18:00 (情報交換会18:00〜19:00)
会  場 お茶の水女子大学 文教育学部1号館
http://www.ocha.ac.jp/access/index.html
開催規模 参加ポスドク/ドクター 35名(予定、他大学も含む)
参加企業 15社(予定)
対  象 (ポスドク/ドクター)
  ポスドク、博士後期課程、
  博士前期課程(修了予定年度の進学予定者)。
  理系、文系、いずれでもご参加ください。
  他大学の方も募集します。
(企業)
  ポスドク/ドクターの活用にご関心をお持ちの企業。
連絡先 牧野、山田
〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1
Tel 03-5978-2708(直通)      Email 

企業からは、会社の事業の概要と博士人材に期待することなどを紹介して頂き、ポスドク/ドクター側からは、研究紹介と自己アピールをポスターの形で発表します。
研究紹介では、テーマの目的や意義、取り組みの仕方などを中心にして、必ずしも成果は必要ありません。ポスターの準備についてはこちらをご確認ください。自己アピール半分、研究の内容が半分と言ったところです。

企業との面談の場や懇親の場も設けます。また、他大学からの参加も募りますので、色々な人と知り合うことができ、お互いに刺激になると思います。まだ将来を決めかねている人でも、発表あるいはコミュニケーションの実践の場として、チャレンジしてもらってもよいのではないでしょうか。

●プログラム
15:00〜16:30 企業合同説明会(ショートセミナー)
参加企業各社が、企業での研究紹介や博士への期待などメッセージを発信します。
ブランドイメージと異なる研究領域の紹介や、日頃の研究活動にも役立つ情報が満載です。
(参加を検討されている企業様へ)
 セミナーについて詳細はこちらをご確認ください。
16:30〜17:15 個別面談会
意中の企業と膝を交えてじっくり情報交換が行えます。(就職面接の場ではありません。)
17:15〜18:00 ポスドク/ドクター発表会(ポスターセッション)
ポスドク/ドクターが、研究内容を含む自己紹介をポスターで発表します。学会などでの研究発表ではなく、企業に向けて自分をアピールする発表にチャレンジしてください。
ポスターの準備についてはこちらをご確認ください。
18:00〜19:00 情報交換会
各セッションの開始終了時刻は目安です。
前後する可能性が有りますこと予めご了承ください。

●セミナーについて(企業)
・セミナーの詳細
− 発表時間は5分間/社です。発表をご希望の企業様はお早目にご連絡ください。
− 当日はプロジェクターとパソコン(Windows7)を準備いたします。
− 投影データはパワーポイントファイルを事前にお送り頂くか、USBでご持参ください。
   パソコンをご持参頂いても構いません。
・パンフレット類
事前にお送り頂ければ、会場でお渡しできるようにいたします。
>>イベントプログラムに戻る
●ポスターについて(ポスドク/ドクター)
・ポスターの準備
大きな字で、A3用紙4〜6枚程度にまとめてください。
写真等があれば見栄えがします。(アカプロ棟201室で印刷できます)
掲示パネルの大きさは幅90cm×高さ180cmです。
・ポスターの内容例
1 自分のバックグラウンドの紹介
氏名、所属、学年、専攻、テーマ、スキル・技術、語学、興味のある仕事・将来の計画、学会発表経験、など
2 自分の個人的な紹介、自己アピール
得意な分野や得意技、性格・長所、趣味・部活、インターンシップ経験、ボランティア経験、出身地など
3,4 研究概要
テーマ名、研究の意義、研究の手段と進め方、得られた結果(成果になってなくてもよい)、今後の予定など

(上記は、あくまで一つの参考例です。分量の割り振りを含め、適宜ご自分でアレンジをお願いします)
・当日の準備
− ポスターセッションは17:15からですので、それまでに準備して下さい。
− 文教育学部1号館303にパネルを準備します。(14:30から掲示可能)。
− ピンや追加修整用マジックインキ、その他必要な用具は用意します。
・その他
− 名刺をお持ちの場合は、是非ご持参ください。
− ポスドク/ドクターの情報交換会参加費は無料です。ざっくばらんにお話しできます。
>>イベントプログラムに戻る

>>イベント・セミナー情報一覧に戻る

|  TOP  |  プライバシーポリシー  |