講座案内

  • HOME »
  • 講座案内

2019年度講座情報

授業時間 13:30~15:00、15:10~16:40(全学期共通)

春学期 5月:女性のエンパワーメントとリーダーシップ ※部分受講ができます 募集要項を見る>>

広瀬 晴子

「海外の第一線で家庭と元気を大事にしながら、リーダーとして働いた秘訣は?」 5.11(土)
広瀬 晴子 [お茶の水女子大学 理事]

【プロフィール】1969年東京大学心理学科卒、米国スタンフォード大学工学部OR学科修士。人事院、経済企画庁を歴任。1992年にUNESCO本部の公募に応募し、人事局長としてパリに赴任、その後2002年にUNIDO事務局次長としてウィーンに勤務。2006年に在モロッコ王国特命全権日本大使として赴任。2010年に帰国後2013年から東京工業大学グローバルリーダー教育院特任教授、2017年4月からお茶の水女子大学理事、2016年よりS&B食品社外取締役、2018年より日機装社外取締役、2014年より日本モロッコ協会会長。


【講義内容】私は日本政府での行政経験を経て、UNESCO、UNIDOといった国際機関で多国籍の人達をマネージしながら仕事をして来て、その後日本を代表する大使としてモロッコで働きました。その中で、2人の子供を夫、両親を始め様々な人の助けを借りながら育て、振り返ってみれば種々な工夫をして家庭生活と仕事のバランスを取ることで元気に楽しく(もちろん沢山苦労もしつつ(笑))働いてきたように思います。皆さんが自分らしく元気に働き、キャリアデザインを築いていけるように、私のケースをお話しし、女性の活躍の必要性、海外での労働環境も紹介しようと思います。(キーワード:キャリアデザイン、ダイバーシティ、ワークライフバランス、グローバル、女性の活躍促進)

パク・スックチャ

「ダイバーシティとワークライフバランスについて学ぶ」 5.18(土)
パク・スックチャ [アパショナータ, Inc. 代表&コンサルタント]

【プロフィール】米国ペンシルバニア大学経済学部BA(学士)、シカゴ大学MBA(経営学修士)取得。米国と日本で米国系企業に勤務後、日本に戻り米国系運輸企業に入社。同社にて日本・香港・シンガポール・中国など、太平洋地区での人事、スペシャリストおよび管理職研修企画・実施を手がける。2000年に退社し、日本で最初にワークライフバランスを推進するコンサルタントとして独立。ダイバーシティの専門家として、多様な人材マネジメントと受容的環境構築(インクルージョン)への意識・風土改革及び教育研修に携わる。専門: ダイバーシティ(多様性)、無意識の偏見(アンコンシャスバイアス)、ワークライフバランス、テレワーク(在宅勤務)


【講義内容】ダイバーシティとワークライフバランスが重要になった背景について学び、女性の活躍や両立施策について日本と海外を比較しながら、意識や働き方などに関わる日本特有の女性活躍に関する課題への理解を深めます。また、自身が上司になった時の適切な多様な人材のマネジメントのポイントややり方等も学びます。受講者同士のディスカッションにより、多様な意見を交換し、視野を広げましょう。(キーワード:ダイバーシティ、ワークライフバランス、働き方、海外事情、女性の活躍)

近藤 美樹

「これからの、女性のリーダーシップ~グローバルとローカルの視点から~」 5.25(土)
近藤 美樹 [Value & Vision LLC 執行役員 人材育成・組織開発コンサルタント]

【プロフィール】ボストンコンサルティンググループ、日本ロレアルの人事マネジャーとして10数年にわたり、人材育成・組織開発に従事。2010年に独立後、企業や教育機関に対し、ひとの意識・行動を変える研修、組織の仕組み・風土を変えるコンサルティングを行う。直近では、グローバルで活躍できる人材の育成、女性のリーダーシップ開発、ダイバーシティ&インクルージョンの推進に注力。シドニー大学大学院ヒューマンリソースマネジメント・コーチング(心理学)修士(MA with Merit)。IMDビジネススクールStrategies for Leadership修了。青山学院大学文学部フランス文学科卒業。


【講義内容】急速な社会情勢の変化の中で、女性リーダーの活躍のチャンスが拡がっています。当講座では、グローバルとローカルの視点から、女性リーダーの活躍のチャンスを紹介し、チャンスをつかむために求められるリーダーシップのあり方を考えていきます。また、最新のリサーチやさまざまな事例をもとに、女性がリーダーシップを発揮するうえで直面する代表的な課題と、実践的な課題克服のヒントを提示します。双方向レクチャーやディスカッションを採り入れ、受講者が問題意識をもち主体的に学ぶ場を提供します。(キーワード:俯瞰力、グローバル視点)

篠塚 英子

「なぜ女性は政治・経済の分野から遅れているのか?」 6.1(土)※開催月日に注意
篠塚 英子 [お茶の水女子大学 名誉教授、島根大学 監事(非常勤)、小松製作所 社外監査役、日本証券金融 社外取締役、ライフネット生命 社外取締役など]

【プロフィール】1965年武蔵大学経済学部卒業、社団法人日本経済研究センター入社。お茶の水女子大学家政学部助教授、教授。日本銀行審議委員、お茶の水女子大学(再就職)文教育学部教授、定年退職後、日本司法支援センター(法テラス)理事、人事院人事官。現在お茶の水女子大学名誉教授。専門分野:労働経済学、金融政策、ジェンダー論。主著『日本の女子労働』『日本の雇用調整』等。総務省統計審議会委員、商学博士(慶應義塾大学)。


【講義内容】これまで本塾の講師を第1回から担当してきたが、受講生からの最初に受けた新鮮なインパクトは年々薄れてきたように感じる。個人の問題なのか。社会変化に問題があるのか。私自身がさまざまな組織で働いてきた経験から、経済、政治、グローバル社会の変容と女性のエンパワーメントについて、皆さんと議論する材料を提供したい。(キーワード:政治・経済の仕組みを知る)

春学期6月:リーダーシップ実践/異文化コミュニケーション ※部分受講ができます 募集要項を見る>>

高田 朝子

「貴女のリーダーシップのあり方を考える、作る」 6.8(土)/6.15(土)
高田 朝子 [法政大学大学院 イノベーション・マネジメント研究科 教授]

【プロフィール】モルガン・スタンレー証券会社勤務を経て、サンダーバード国際経営大学院国際経営学修士(MIM)、慶應義塾大学大学院経営管理研究科経営学修士(MBA)、同博士課程修了。経営学博士。専門分野:組織行動 リーダーシップ 女性総合職並びに後継者研究。


【講義内容】リーダーシップのあり方は千差万別です。この授業ではディスカッションを通じて貴女なりのリーダーシップについて様々な角度から考えます。授業はケースメソッドで行われます。ケースを自ら考え、グループで考え、そして皆で考えることで、自分なりのリーダーシップを見つめ直します。受講生は事前課題のケースをよく読み込んで自分だったらどう意思決定し行動するのか、様々な立場に身を置き考えることが求められます。(キーワード:リーダーシップ、意思決定)

吉田 友子

「多様性対応コミュニケーション」 6.22(土)/6.29(土)
吉田 友子 [慶應義塾大学 商学部 教授]

【プロフィール】1991年にEast-West Centerの研究員、1993年にSheraton Hotel HawaiiのTraining Directorを経て1996年に慶應義塾大学商学部に着任。現在、教授。1991年にシラキュース大学大学院修士号取得、2005年にハワイ大学大学院博士号取得。専門分野:異文化コミュニケーション、文化心理学。


【講義内容】異なる文化背景の人々とのコミュニケーションの際、言葉が通じても文化の差による勘違いや摩擦が起きることが多々ある。逆にその勘違いや摩擦から得るものも大きい。ビジネスリーダーは多様性を積極的に活用し効果を上げなければならない。この授業ではディスカッションや疑似体験等を通して、異文化接触を体験的に学んでもらい、感受性を高める。受講生の積極的かつ主体的な参加が求められる。(キーワード:ネットワーク構築、コミュニケーション、異文化理解)

秋学期9月:企業会計 ※プレ講座あり

本講座は、ビジネスリーダーを目指す上で身に付けておきたい企業会計の重要な事項を学びます。財務会計においては、簿記や会計の基本的諸原則、制度を解説した上で、実際の開示資料である有価証券報告書や会計上のトピックスに触れることで財務諸表への理解を深めることを、管理会計においては、原価計算の基礎及び損益分岐点分析、プロジェクト評価の方法、資本コスト等、管理会計の基本的な要素を知ることを目的としています。(キーワード:有価証券報告書、財務諸表理解、業績評価・組織管理の会計、損益分岐点分析、資本コスト管理)

菱山 淳

「財務会計」 9.14(土)/9.21(土)
菱山 淳 [専修大学 商学部 教授]

【プロフィール】明治大学大学院商学研究科博士後期課程満期退学後、2008年より現職。日本会計研究学会評議員等を歴任。専門分野:財務会計、IFRS制度化論。

櫻井 康弘

「管理会計」 9.28(土)/10.5(土)※開催月日に注意
櫻井 康弘[専修大学 商学部 准教授]

【プロフィール】2001年中央大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学。高千穂大学商学部准教授を経て、2012年4月より現職。専門分野:会計情報システム論、コンピュータ会計。

 

*9月プレ講座「企業活動の成績表と簿記の仕組み」

「企業会計」の受講にあたり、専門用語や財務諸表の読み方など、基礎的な簿記の知識を身につけることができるプレ講座です。プレ講座は、「企業会計」講座を受講し、かつ、簿記の初歩的な知識を学びたい方にお勧めです。2019年度からプレ講座のみの受講ができるようになりました。
【日程】9.7(土)13:30~15:00、15:10~16:40
【受講料】8,640円(1日分) ※消費税込

秋学期11月:マーケティング/経営戦略 ※部分受講ができます 募集要項を見る>>

神原 理

「マーケティング入門」 11.2(土)/11.9(土)
神原 理 [専修大学 商学部 教授]

【プロフィール】1995年兵庫県立大学大学院経営学研究科博士課程修了、同校助手、講師を経て、2000年4月より専修大学に勤務。専門分野:サービス・マーケティング、商品研究。


【講義内容】マーケティングとは、顧客(マーケット)に商品やサービスを売るための「仕組み(商品開発、価格設定、プロモーション、流通ルート)」づくりをいいます。顧客という「(見知らぬ)他者への思い」を巡らせながら、彼らが喜んで買ってくれる商品やサービスのあり方について、ワークショップ形式で議論していきたいと思っています。準備するものは「他者への好奇心」と「遊びゴコロ」だけです。(キーワード:マーケティングの基礎理論、マーケティングリサーチ、消費者行動)

露木 恵美子

「経営戦略の基礎」 11.16(土)/11.30(土)
露木 恵美子 [中央大学大学院 戦略経営研究科(ビジネススクール) 教授]

【プロフィール】2003年北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科博士後期課程修了(博士:知識科学)。独立行政法人産業技術総合研究所ベンチャー開発戦略研究センター特別研究員、明星大学経済学部経営学科准教授を経て、2011年4月より現職。専門分野:組織論、戦略論、ハイテク・スタートアップス(ベンチャー起業論)。


【講義内容】戦略とは何か? 戦略はなぜ必要か? 戦略を立てるにはどうすればよいか? どんなに優れた人が集まっても、どんな優れた組織でも、戦略(目標や目的に向かってとるべき方策)が不明確であれば、よい結果を生み出すことはできません。本講座では、企業のみならず「経営」には欠かせない戦略について、グループワークや講師との双方向のディスカッションを通して基本からやさしく学びます。(キーワード:戦略、製品・市場(事業ドメイン)、経営資源、経営組織、競争優位、SWOT分析)

冬学期1月:イノベーションとアントレプレナーシップ/CSRと情報開示 ※部分受講ができます 募集要項を見る>>

鹿住 倫世

「新規事業開発に効く! イノベーションと企業家活動」 2020.1.11(土)/1.18(土)
鹿住 倫世 [専修大学 商学部 教授]

【プロフィール】1986年お茶の水女子大学家政学部卒業。特殊法人中小企業事業団に入職。在職中、1996年法政大学大学院経営学専攻修士課程修了(修士(経営学))。高千穂大学教授を経て2010年4月より現職。博士(学術)(早稲田大学)。専門分野:アントレプレナーシップ、中小企業経営、創業支援。


【講義内容】経済、社会環境の変化が激しい現代の企業や組織において、新たな価値を生み出すイノベーションは必要不可欠です。特に、これまでの事業分野と全く異なる新規事業の開発や、革新的なベンチャー企業との事業提携においては、イノベーションやそれを活用して新事業を創出する企業家活動への理解が必要です。企業家活動は、リーダーが知っておくべき知識であると同時に、セカンドキャリアとして自ら起業する際にも役立つ知識です。本講座では、イノベーションの本質や創出、革新的な事業の開発について、講義とケース分析、グループワークを通じて学びます。(キーワード:イノベーション創出、新規事業開発、アントレプレナーシップ、起業)

達脇 恵子

「サステナビリティと情報開示(ステークホルダーの視点から)」 2020.1.25(土)/2.1(土)※開催月日に注意
達脇 恵子 [有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部 パートナー、ESG・統合報告アドバイザリー 事業ユニット長、 デトロイト トーマツ サステナビリティ株式会社 代表取締役社長]

【プロフィール】早稲田大学第一文学部卒。事業会社を経て2000年より現職。コンサルタントとして企業のガバナンスに関するプロジェクトに多数関与。専門分野:ガバナンス、リスクマネジメント、サステナビリティ。


【講義内容】今や企業にとって欠かせない活動となったサステナビリティについて、その歴史を紐解くとともに、ESG投資、SDGs、CSVなどグローバルのトレンドも踏まえて解説し、企業と社会の関係のあり方を考えます。またサステナビリティレポートや統合報告などの情報開示に関する潮流を、多数の事例とともに紹介し、企業を取り巻くステークホルダーの視点から情報開示を考えます。講座は演習やディスカッションを取り入れた双方向のものとします。(キーワード:CSR、サステナビリティ、ステークホルダー)

冬学期2月:ビジネスと法律

汐崎 浩正

「女性リーダーが使えるビジネス関連の法律」 2020.2.8(土)/2.22(土)/2.29(土)/3.7(土)※開催月日に注意
汐崎 浩正 [西村あさひ法律事務所 弁護士(パートナー)]

【プロフィール】1989年 東京大学法学部第一類卒業、1997年 シカゴ大学ロースクール卒業(LL.M.)。 「日本の独占禁止法の執行力の強化と国際カルテル事件への対応」「企業不祥事のビジネスリスク」等を講演。 The Legal 500 Asia Pacific 2015(労働法)、及びWho’s Who Legal 2018(独禁法)等を受賞。 2014年度徽音塾「企業法務・労務管理」講師。2015年度から徽音塾「企業と法律」講師。


【講義内容】日常のビジネスに関係する法律や制度の知識を習得することを目的とします。消費者契約法、特定商取引法、PL法、景表法、独禁法、下請代金遅延等防止法、会社法、金商法、コンプライアンス制度、内部通報制度、企業倫理、個人情報保護法、労働基準法、育児介護休業法、男女雇用機会均等法、パートタイム労働法、労働者派遣法、高年齢者・障害者雇用、労働審判手続、女性活用推進法が対象です。可能な限り将来の法改正の方向にも触れたいと思います。(キーワード:消費者保護、ビジネス法、コンプライアンス、データプライバシー、労働法、女性活用)

トライアル講座4月:ジェンダー

大木 直子

「ジェンダー・エクイティをめざして」 4.20(土)
大木 直子 [お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所 特任講師(専門分野:ジェンダーと政治、リクルートメント研究)]

【講義内容】日本では2016年4月より「女性活躍推進法」(女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)が施行されましたが、政治、経済等の4分野のジェンダー格差に関する国際的な指標(ジェンダー・ギャップ指数)で日本は144か国中111位(2016年)、114位(2017年)と順位を下げています(2018年度は149か国中110位)。なぜ日本のジェンダー格差は縮まらないのか。本講座では、ジェンダーに関する基礎知識を学ぶとともに、日本のジェンダー平等の現状についてイクオリティ(平等)とエクイティ(衡平)という観点から考えます。国際指標についてのグループワークも行ないます。(キーワード:ジェンダー、ジェンダー平等、エクイティ(衡平)、ジェンダー格差指数、女性活躍推進)

トライアル講座7月:パーソナル・ブランディング

内藤 章江

「『パーソナルブランド』を作ろう!」 7.20(土)/7.27(土)
内藤 章江 [お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所 特任講師(専門分野:被服心理学、被服意匠・色彩学)]

【講義内容】本講座は、自分自身を内観・外観し、多角的に「自分を知る」ことから始めます。自分を知ったうえで、それをいかにしてコントロールして人の記憶に残すことができるのかについて学びます。学術的な側面から「パーソナル・ブランディング」の理論を学び、実践を通じてそのテクニックを身に着け、自己PRの課題をとおして「パーソナルブランド」の構築を目指します。(キーワード:自己分析、印象形成・印象操作、コミュニケーション、プレゼンテーション、自己PR)

トライアル講座8月:ビジネスパーソンの教養

小濵 聖子

「東アジアにおけるリーダー像の伝統と思想」 8.3(土)
小濵 聖子 [お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所 特任リサーチフェロー(専門分野:日本倫理思想史、比較思想)]

【講義内容】私たちが生活する日本を含め、東アジアの人びとにとって理想のリーダーシップやマネジメントはどのような形だと考えられてきたのでしょうか。目指すべきリーダー像や、リーダーが実践すべき徳目にはどんなものがあるのでしょうか。この講座では、中国の士大夫(エリート)の必須教養とされた儒教や、日本人が古来重視してきた「清らかさ」の思想などを、経書や記紀神話の原典を参照しながら学び、現代日本の私たちのリーダーシップやアイデンティティに関する意識との関係について考えます。(キーワード:東アジアの思想、リーダー像、聖人、記紀神話、清明心)

※講座内容、講師については、予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
※講師の所属、役職等は、2018年12月時点での情報です。