講座案内(2021年度ビジネス講座)


⑬11月6日(土)、13日(土)「マーケティング入門」
神原 理 [専修大学 商学部 教授]

【プロフィール】1995年兵庫県立大学大学院経営学研究科博士課程修了、同校助手、講師を経て、2000年4月より専修大学に勤務。専門分野:サービス・マーケティング、商品研究。


【講義内容】マーケティングとは、顧客(マーケット)に商品やサービスを売るための「仕組み(商品開発、価格設定、プロモーション、流通ルート)」づくりをいいます。顧客という「(見知らぬ)他者への思い」を巡らせながら、彼らが喜んで買ってくれる商品やサービスのあり方について、ワークショップ形式で議論していきたいと思っています。準備するものは「他者への好奇心」と「遊びゴコロ」だけです。(キーワード:マーケティングの基礎理論、マーケティングリサーチ、消費者行動)

⑭11月20日(土)、27日(土)「経営戦略の基礎」
露木 恵美子 [中央大学大学院 戦略経営研究科(ビジネススクール) 研究科長 教授]

【プロフィール】2003年北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科博士後期課程修了(博士:知識科学)。独立行政法人産業技術総合研究所ベンチャー開発戦略研究センター特別研究員、明星大学経済学部経営学科准教授を経て、2011年4月より中央大学大学院 戦略経営研究科(ビジネススクール)教授。2019年11月より現職。専門分野:組織論、戦略論、ハイテク・スタートアップス(ベンチャー起業論)。


【講義内容】戦略とは何か?戦略はなぜ必要か?戦略を立てるにはどうすればよいか?どんなに優れた人が集まっても、どんな優れた組織でも、戦略(目標や目的に向かってとるべき方策)が不明確であれば、よい結果を生み出すことはできません。本講座では、企業のみならず「経営」には欠かせない戦略と組織について、グループワークや講師との双方向のディスカッションを通して基本からやさしく学びます。(キーワード:戦略、製品・市場(事業ドメイン)、経営資源、経営組織、競争優位、SWOT分析)

⑮12月4日(土)、11日(土)「会計基礎力を身に付けるー取引記録の仕組みと企業活動の成績表ー」
櫻井 康弘 [専修大学 商学部 教授]

【プロフィール】2001年中央大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学。2012年より現職。専門分野:会計情報システム論。


【講義内容】ビジネスリーダーを目指す上で身に付けておきたい企業会計の基本的な事項を学びます。企業取引を記録する簿記の仕組みや、簿記によって作成される財務諸表(貸借対照表や損益計算書)の中身がどのようになっているのかなど企業会計の基本的な部分を中心に解説します。実際の開示されている有価証券報告書や会計ニュースに触れながら,企業活動の成績表である財務諸表を読み取る会計基礎力を身に付けましょう。(キーワード:簿記、貸借対照表、損益計算書、財務諸表、有価証券報告書)

⑱2022年 1月29日(土)、2月5日(土)「これからの女性リーダーが知っておきたい法律」
汐崎 浩正 [汐崎法律事務所 所長弁護士]

【プロフィール】東京大学法学部卒業、1993年弁護士登録、1997年シカゴ大学ロースクール卒業(LL.M.)。「日本の独占禁止法の執行力の強化と国際カルテル事件への対応」「企業不祥事のビジネスリスク」等を講演。The Legal 500 Asia Pacific 2015(労働法)、及びWho’s Who Legal 2020(独禁法)等を受賞。2014年度徽音塾「企業法務・労務管理」講師。2015年度から徽音塾「企業と法律」「ビジネスと法律」講師。2020年 汐崎法律事務所を開設。
【講義内容】これから活躍する女性リーダーがぜひ知っておきたい、コンプライアンスと労働法を中心とする法律や制度の知識を習得します。
コンプライアンス制度、企業倫理、内部通報制度、独占禁止法、労働基準法、働き方改革、育児介護休業法、男女雇用機会均等法、ハラスメント、パートタイム労働、労働者派遣法、高年齢者雇用、労働審判手続、女性活躍推進法が対象です。可能な限り、最新の判例や将来の法改正の方向にも触れたいと思います。(キーワード:コンプライアンス、公益通報者保護法、独占禁止法、労働法、女性活躍)